バンガロールのワイン事情
インドのワインなんて、と思ってましたが、意外にも美味しいカルナカタ州のワインです。 インドのワイナリーでも有名どころはいくつかあるんですが、ムンバイ近辺にワイナリーを構えるSulaはインド国内で最もよく見るワイン。 そしてカルナカタ州で最も有名なのが、GloverとKRSMA(クリズマ)でしょうか。 味としては個人的にはKRSMA> Gloverですが、KRSMAが車で10時間近くかかるのに対して、 Gloverのワイナリーが車で20分のところにあるので、 Gloverも嫌いじゃないです。 インド中のワインを飲み歩いたソムリエ資格を持つ日本人商社マンの方が、白はKRSMAで赤は GloverのInsignia良いと言ってたので、バンガロール駐在員はラッキーなんじゃないでしょうか。 ちなみにKRSMAはカルナカタ州でしか買えないようで、 GloverのInsgnia至ってはワイナリーに併設されているショップでしか買えません(しかも要予約) 。 昨年までInsigniaはマグナムボトルでしかなかったんですが、今年から通常ボトルの販売も始めています。 とはいえ、通常ボトルでも1本3,000INRというインドでは超高級な部類です。 あと、5年くらいは熟成させるべしとのことです(まぁ、うちは飲み干すと思いますが)

テイスティングを記述するほどワインに詳しいわけではない、ただのワイン好きなんで、この辺りで終了です 笑

KRSMAの白
c0014361_18453106.jpeg

Gloverのinsignia

c0014361_18454542.jpeg

[PR]
by olive_days | 2018-02-25 18:32 | インド⁻お酒
バンガロールのビール事情 >>
トップ

フラットコーテッドのウララも一緒に家族でインド生活中
by olive_days